KOBEYA RESTAURANT

Kobeya Restaurant FanSite

神戸屋レストラントップ > Kobeya Restaurant FanSite > 飾りパン

1999年ベーカリーワールドカップ
日本代表メンバーで、飾りパンを担当した
中山 透です

この年日本代表は、総合3位で銅メダルを獲得し、
日本の飾りパンにも高い評価をいただきました
厳しい事前トレーニング、8時間という短い制限時間、日本代表のプレッシャー
それでも精一杯の作品に仕上げました

1999年、この年のテーマは

『未来のパン』

未来のパンのイメージって、どうしてつくる? どんなカタチ・・??
作品のどこかに「東洋の美」も盛り込みたい
もうそろそろ、どこかの国が
ピエスモンテ(飾り菓子)の手法を使い始めるのではないかという不安
先輩が使った、パネルを立てる技法からの脱皮
たくさんのイメージやアイデアが錯綜し
そして、コーチからのアドバイス
最終デザイン決定は、日本出発ぎりぎりになりました

迷いに迷った結果
センターに円錐の未来型のパン工場をつくり
左サイドは宇宙の広がりをイメージした奥行きのある造形を配し
右サイドには兜で日本の伝統文化の美しさを置き
全体の構成を整えました

今回の作品は、本番のものとは少し違いますが
5年前、苦心した作品を思い出しながらつくりました

日本ではほとんどみられない

『世界レベルの飾りパン』

をご鑑賞ください



中山 透
株式会社神戸屋レストラン
企画開発部 開発課
中山 透


作品を見る
このページのトップへ▲