“healthy is tasty”とは

healthy is tastyとはどういう意味」

文字通り、「健康的とは美味しいということ」です
私たちは、1990年頃からこの言葉を使い始めています

いわゆる健康食品が流行り始めた頃…
健康食品は身体に良い
健康食品さえ食べていれば健康になる
世間にはこんな風評がありました

また、健康に悪いものが美味しく
健康に良い食品は不味い
それを我慢して食べるから身体に良い

“良薬口に苦し”

健康食品とは不味いもの
こんな先入観さえありました

そんな時
健康に良い食品が本当に不味くて良いのか
我慢して食べることが本当に健康かと
疑問を抱きました

健康だからモノが美味しく食べられる

生きるためには食べなければならない
食することができるモノ
これを食品と呼ぶようになりました

食べることで健康が維持できる
健康に良い食品は
本来美味しいはずだ

腹八分に病なし
食べ過ぎはいけません
飽食の時代
好きなものばかり食べていてはいけません

私たちはこう考えました
健康だから美味しく感じられる

ただ、私たちがhealthy is tastyと打ち出した時
「健康に良い食品が美味しい訳がない」と
たびたびお叱りも頂戴しました

時代は移り
健康に対する世間の受けとめ方も変わり
健康に良いと言われる食品も
ずいぶん美味しくなりました

healthy is tasty

食の楽しみが増えたと感じています
もう、お叱りの言葉を頂戴することもなくなりました

食の楽しみを増やす

healthy is tasty
健康的とは美味しいということ

私たちは
美味しさの空間、味覚の迷路の中で
新たな美味しさとの遭遇の旅を続けています

このページのトップへ▲